建築工事での手抜き工事・不当工事の不安を解消します。
Home > 最新のお知らせ

消費者志向経営の推進。

平成28年度、「消費者基本計画」の内容に閣議決定された政策です。消費者被害の無い社会への取組みとなる推進策として「消費者志向経営」の実施は、企業における重要度を要する協力事項になっています。社会的機運が高まりつつあるなか、企業に参画の呼び掛けがスタートしています。
 主催は、消費者庁・社団法人日本経済連・公益社団法人消費者関連専門家会議の三者で、後援は、経済産業省となっています。
弊社では、従来より建築業界での特化した取組みを消費者関連法に沿って推進してきていましたが、凡事徹底として、率先的に参画し更なる業界の活性化に向け、連携をもって協働していく所存でございます。

2017/02/03 10:30


こんな事業者には注意が必要です。

事例からみて、こんな手口に潜む偽装行為と瑕疵工事。

▲訪問してきて親切を装い点検サービスを持ち掛けてくる事業者。
▲新聞折り込み広告、チラシ広告で景品表示法を遵守しない広告で勧誘する事業者。
▲消費者にはメーカーカタログ写真で説明を行い、実際の工事では類似品で行う事業者。
▲工事店の紹介サイトより、紹介を受けて現れた信用度の低い事業者。
▲メーカー保証の無い商品に自社基準で10年以上をつけている工事店。
▲見積書や工事契約書等の書類関係が法令遵守ではない事業者。
▲自社施工や自社工場などを強調する事業者。下請け依頼工事等を隠す事業者。
▲お客様の声・手紙をねつ造して好評と宣伝に使う事。
▲ご契約後、工事が8日以内に着手スタートする事業者。
▲業者選びに相見積をとることや、施工実績等に言葉を濁らす事業者。
▲ご契約直後などに、お礼状や菓子箱が届く事業者。
▲ご契約の即決を急ぎ支店長決算や社長決算と称して、商談金額の値引き額が大きくなる会社。
▲見積書や図面・説明をよく見せる契約優先。見本工事・宣伝工事と称し特別感を強調する事業者。

2017/09/17 19:37


消費者無料相談窓口 。

◆ご計画される工事を頼める適切な工事会社を見極める方法?
◆工事見積書は妥当なのか?適正な契約なのか?工事内容は?
◆工事偽装されているか?もしかすると手抜き工事になっていないか?
◆仕上げが、予想より悪いのでやり直しをしてもらえるか?
◆クーリング・オフは過ぎているが、工事の中止や現状回復ができる例とは?
◆悪質手口の実行犯は、親切で丁寧な対応が前提で消費者では見抜けないレベルに到達?
◆保証期限内の保証問題?不具合や劣化原因の判断をするのは誰?
◆工事完成後1年であっても工事契約がクーリング・オフでき工事代金が全額返金された事例とは?
◆弁護士に相談して勝てないと断言されたが、業者の謝罪と契約の取消しを勝ち取った事例。
◆屋根・床下・基礎等の点検箇所の現状写真画像って信頼できる?偽装写真って大いにある実態。
◆安心できる工事会社とのお墨付きの証って?根拠って?鵜呑みにして偽装工事に気づけない実態。
◆大手建設会社等の現場監督でも見抜けない、工事偽装の実態。
◆消費生活センターに相談しても、納得できない結果であっても諦めずに相談下さい。

2015/03/01 21:29


「透明性開示工事」とは?

建築会社の技量品質を確認します。わかりやすく解説いたしますと、消費者側からのご依頼により、建築会社等の見積書や契約の妥当性から工事会社を選出決定し、契約となった工事内容に偽装や手抜工事の有無を、専門資格者(第三者)が確認を行い工事の健全性を実証致します。
 消費者庁が促進する消費者志向経営を、業界で推進する具体化策です。法令遵守の建築会社様側が消費者側に工事等の透明性を開示するにあたり、第三者の公正中立なジャッジを承諾をし、消費者被害を未然に防ぐことを可能とする裏付けの証が示される、法令順守の下に行われる、新築・リフォームの各種工事になります。

※消費生活コンサルタント(第三者)とは、日本消費者協会認定称号となる、消費者行政に特化した資格です。行政の相談員《国家資格》に要する資格です。他に消費者問題の各位対象けセミナー講師なども努め、消費者問題に取り組む専門家になります。

2017/09/17 11:03


各種テーマ・受講者別セミナー。

セミナーは消費者教育推進法に沿って実施しています。受講は消費者個人お1人様から可能です。各開催事業者団体・事業者・従業員様向け、いずれも受講人数等は問いません。
偽装問題の真髄を行政規制の垣根を超え、プロが本音で語ります。

▽消費者各位向け、被害に遭わないための注意点。建築事業者を選出するときの重要ポイント。
▽事業者様向け。消費者志向経営の取り組み、従業員皆様を対象とする消費者関連法のポイント。
▽消費者団体主催セミナーの建築業界に特化したテーマのなかで最新状況を中心とした内容。
▽建築工事の悪質手口等が今昔に無くならない様々な理由と、今後も増加する様々な理由とは。
▽その他セミナー受講者のご希望テーマ(建築分野のここが知りたい)より。

※講演時間:60分~120分。 講師料:ご相談に応じます。

2016/10/14 08:55


このページのTOPへ戻る▲
Copyright © 2012 kenchikukansain All Rights Reserved.